• ホーム
  • 中性脂肪を抑える良質な脂質で成人病を予防する

中性脂肪を抑える良質な脂質で成人病を予防する

高血圧症や脂質異常症、糖尿病などの成人病は、コレステロールのコントロールがたいへん重要です。
コレステロールには善玉と悪玉といった風に、いくつかの種類が存在します。
この内で、悪玉コレステロールが増えると、成人病に繋がる悪い影響が起こりやすくなります。

悪玉コレステロールを増やすのが、血管に入り込む中性脂肪です。
中性脂肪は皮下脂肪や内臓脂肪が原因ですが、アルコールを過剰摂取することで、肝臓にも中性脂肪ができることがよくあります。

中性脂肪はアルコールの他、糖質や脂質の多い食事を取ることで蓄積されるようになります。
これを防ぐには糖質や脂質の少ない食事を取れば解決できそうですが、良質な脂質を取ることによっても、防ぐことが可能です。

サバやイワシ、サンマなどの青魚には、良質な脂質が豊富に含まれています。
これらの脂質にはDHAやEPAという成分が含まれます。

DHAには血液に入り込んだ悪玉コレステロールを抑えたり、中性脂肪の量を減らすなどの効果があります。
血液の流れがよくなり、動脈硬化といった、高血圧症などの成人病を招きやすくする原因から遠ざけることが可能です。
EPAも同じような効果を持っており、DHAとセットで利用されることが多くなっています。

できるだけ青魚を、毎日の食事の中に取り入れる努力が大切です。

青魚だけでなく、他の食材にも良質の脂質が含まれています。
えごま油や亜麻仁油には、α-リノレン酸というオメガ3脂肪酸が含まれます。
DHAやEPAに返還される他、アレルギー症状を抑える効果があります。

α-リノレン酸は加熱処理には向いていません。
サラダのドレッシング代わりに使う方法なら、健康効果を落とす心配がなくなります。